【トレード記録公開!】パーフェクトオーダー&三角持ち合いブレイク(85pips獲得)

【鉄板パターン】2021/05/10(月) GBP/JPY 15分足でのデイトレロングエントリーです。

【エントリー根拠】週足・日足・4時間足の20MAパーフェクトオーダー&三角持ち合いブレイク

1.トレードシナリオを立てる

(1)上位足で数日間の流れを確認

トレードシナリオを立てる4時間足チャート

上位足である4時間足では、5/3の時点で12時間足(半日足)の20MAが日足の20MAを下から上にゴールデンクロスし、下から順に、週足・日足・12時間足・4時間足のパーフェクトオーダーになっている。

その上側に、4/29から7日間かけて作った三角持ち合いが確認できた

全体の流れは上昇なので、三角持ち合いの上側のラインをブレイクしてきたらロングしようというシナリオが立てられる。

「三角持ち合い」とはテクニカル分析のチャートパターンの一つで、別名「ペナント」とも呼ばれる。チャートが進むにつれて高値安値の幅が収束していき、力を溜め込んでいる状態。いずれ三角形の右半分以上の地点で上か下へブレイクする。ブレイクした方向に付いていく。

(2)チャート表示をエントリータイミングを取る15分足に切り替える

エントリータイミングを取る15分足チャート

4時間足・1時間足の20MAもゴールデンクロスしそうになっている。

三角持ち合いの上側のラインを上にブレイクしたら、ロングエントリーが考えられる。

2.エントリー

エントリーの15分足チャート

午前7:00、三角持ち合いの切り下げラインを突破してきた。ここですぐ乗るのではなく、一旦の押し目を待つ。
(NY市場終了後のオーストラリア市場はボラティリティが低く、朝7時ではスプレッドが大きく開いているので、ここは見送る。)

東京時間開始直前の朝8:45、大きめの陽線出現で直前のローソク足3本で作った小さな押し目を高値更新した。(今日の東京時間は上に行くという合図)

それと同時に1日前・2日前・3日前の高値も超えた。→ここでロングエントリー。

3.決済ポイントを決める

(1)利確ポイントを決める

決済ポイントを決める4時間足チャート
  1. デイトレードなのでpipsは少なくても長く持っていたくないという前提で、東京から欧州時間の勢いのあるうちにさっと抜くつもりで利確ポイントを決める。
     
  2. エントリーした足から左側にさかのぼる様に目をやり、どこかに止まりそうな抵抗帯がないか探す
    15分足で見つけにくければ上位足であるM30やH1等に切り替え、抵抗帯を探す。
     
  3. 直近5日間の平均ボラティリティを見る。約90pips。
      

以上の観点から

  • 15分足や1時間足チャートでは直近高値が見られないので4時間足チャートで見ると、4/6の153.3辺りに直近の抵抗が見られる。
      
  • 153.3という価格は当日の安値から約142pipsのところにあたり、直近5日間の平均ボラティリティを大きく超えているが、下図のように見る事もできる。
    デイトレでなく保有すれば、本来もっと値幅が取れるチャートパターンである。
決済ポイントを決める4時間足チャート

上の図のように黒色線①の切り上げラインが引ける。その線を平行移動して②のチャネルラインが引ける事が分かる

チャネルの中の上昇エネルギーを緑色線③で引き、④へ平行移動してどこまで伸びる可能性があるか⑤で目安を知る事ができる。(もちろん100%ではない。)

154.5に到達する手前に直近抵抗の153.3がある。そこまでは伸びる可能性はあると考える。

よって、153.3辺りを利確ポイントとする。

実際にはギリギリまで狙わない事と、スプレッドを加味して少し下にする。

チャネルの平行ラインは、MT4の「平行チャネルを作成」ボタンで引く事ができる。
別の引き方として、1本の斜め線を引いたらダブルクリックしてアクティブ状態にし、CTRL(コントロールボタン)を押しながら線をつかんでドラッグすると平行の線が作成できる

(2)損切ポイントを決める

損切ポイントを決める15分足チャート

三角持ち合いの内側に押し戻されれば、エントリー根拠が崩れる。

損切はエントリー根拠としたローソク足の直近の安値の少し下に置く。

「損切:利益=1:1.5以上」になるようにする。

4.トレード結果

トレード結果の4時間足チャート

東京時間の勢いのまま欧州時間に突入、利確ポイントに到達。約85pips。

ちなみに、チャネルラインの中の上昇エネルギーは⑤のポイントに5/18に到達した。

5.まとめ

鉄板パターンの「パーフェクトオーダー&三角持ち合いブレイク」のデイトレロングトレードで85pips獲得。

7日間かけて作った三角持ち合いはエネルギーを溜めているので、ブレイク後大きく伸びる。

東京時間でしかも月曜日の朝からガンガン動くことはあまり無いが、動くときは動く。

今回のように日にちをかけてエネルギーを溜めているチャートパターンが見られたら、取り逃さないように必ずマークしておきたい。

このようなチャートの見方は、下の関連記事も是非参考にしてみて下さい。